素足のバーマン

「ビルマの聖なる猫」と言われる猫、バーマン。その兄弟の日常を愛情たっぷりで綴ります。

尿を採取する

 

先週の注射治療の経過観察で、尿を採取して病院に持っていかなければならない。

おしっこをする時に、ササッとトレイを下に忍ばせ採取するらしい。採取したおしっこを針のない注射器で吸い取り、蓋付のシリンダーに移す。私に出来るか?

 

早朝5:20、その時がやってきた。

 

慌てて用意してあったトレイを忍ばせる。トレイがあることで敏感になって、途中でやめないか心配で見守った。

 

ヤッター、1回目で成功٩(^‿^)۶

 

すぐにでも病院に持って行きたいところだが、まだ5:30。診察開始は9:00。

 

先生の言葉を思い出す。「採取したら時間をおかずに早めに持ってきて下さいね。」

 

まさか1回で成功するとは思わなかったから、この3時間半でおしっこが劣化して、検査結果に影響が出るんじゃないかと心配になり、2度寝ができなくなってしまったσ(^_^;)

 

とりあえず、陽の当たらない場所にて保管。

 

 

病院で検査の結果の待ち時間、何かが動いているのでふと目をやるとフクロウがいた。あくびなんかして、かわいい仕草を見せてくれた。

 

f:id:templecat:20170621101934j:image

 

尿検査の結果、数値の改善はみられ、自然治癒に任せることに。大きな心配はなさそうでホッとしたぁ。

病院に行くのもお互いストレスになるから、落ち着いて、膀胱におしっこが溜まっている状態で再度エコー診察してもらうことにしよう。

 

f:id:templecat:20170621210932j:image

変なポーズね、うに。

 

 

広告を非表示にする

変わらぬ光景

 

うには変わらず私のスリッパがお気に入り。

匂いを嗅いでは、スリッパとプロレスを始めて足キックしてる。

 

f:id:templecat:20170618054625j:image

 

はくは変わらずおっぴろげー。

気持ちよさそうだ(^。^)

 

f:id:templecat:20170618054654j:image

 

しばらくすると、仲良く窓際でまったりしてる。

変わらず仲良し(*^^*)

 

f:id:templecat:20170618054722j:image

 

うにはアゴを前足に乗せるポーズをよくする。

はくは…あれっ?んっ?あまりしないかも!

 

f:id:templecat:20170618054753j:image

 

最近は膀胱炎の病院通いがあって、はくからシャーコラシャーコラ言われているうに。優しいのか、理解しているのか、慣れたのか、言われても全く動じない。

 

そんな様子を見ながら、にやける飼い主も変わらず猫を愛す٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

 

広告を非表示にする

膀胱炎

 

トイレ周辺で血尿らしき液体発見!

 

f:id:templecat:20170614165401j:image

 

ひゃぁーーーーー((((;゚Д゚)))))))

すぐさま、うにを近くの病院へ。

膀胱炎と診断され、処方された薬をあげて1週間経過しても改善された様子なし。

 

セカンドオピニオン的な考えで、別の病院へ。

同じ診断で先ずは安心。だけど、こちらで処方された薬はマズイらしく、缶詰ご飯に混ぜても上手に避ける。(なかなか賢い)

口を開けて直接あげても吐いてしまったりして、3/4程度の量しかあげられていないなか、経過観察後の診察へ行って来た。

 

f:id:templecat:20170614170332j:image

 

帰宅後のうに。お疲れモード。

頑張ったね d( ̄  ̄)

 

診察では、尿を取り顕微鏡に気になる怪しい動きをする細菌らしきもの発見。

まだ、治っていなかったT^T

 

上手に薬をあげられない飼い主と、上手に薬を飲めない猫の様子を察した先生が、両者の負担を減らすべく注射による治療を提案してくれ、うには素直に打たれていた。

 

偉いぞ、うにぃ〜 (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

で、病院から帰って来ると、はくがわざわざうにに近づいて匂いを嗅いでは、シャーコラシャーコラ言っている。

 

f:id:templecat:20170614171701j:image

f:id:templecat:20170614171717j:image

 

こらこら、シャーシャー言わないのよー!

 

 

広告を非表示にする

アイロン台の使い方

 

新しいアイロン台の使い方

「猫のまったり台」として、お使い頂くのはいかがでしょうか?

 

f:id:templecat:20170606160602j:image

f:id:templecat:20170606160616j:image

 はく「まぁまぁな座り心地です。」

 

f:id:templecat:20170606160703j:image

f:id:templecat:20170606204216j:image

うに「このサイズだけですか?

           もう一回り大きいのはありますか?」

 

(注意)もちろんブラウスにアイロンをかけることもできますが、猫様使用後はコロコロで毛を取ってからお使い下さい。ブラウスが猫の毛だらけになります。

 

 

 

 

時期ですね

 

廊下でまどろむ、うに。

冬の時期はさすがに廊下でまったりすることはなく、キャットタワーに収まっているか、ベットの布団で寝ていることが多い。

 

f:id:templecat:20170526133224j:image

 

暗いのと黒いのとでどこにいるのか分からないけれど、よぉーく見るといるのよねぇ。

 

f:id:templecat:20170526133255j:image

 

顔が黒くて表情がわかりづらい(^_^;)

 

ちょうど風が通る場所だから、涼しいのがわかるのかしらねぇ。

 

そこでおっぴろげ〜が始まったら、夏本番だわ。

 

 

広告を非表示にする

特等席

 

朝起きると(いや、起こされると)、必ず窓を開け、うにはくと一緒に朝の冷んやりした空気を吸う。朝ごはんが用意できるまでふたりで揃って外を眺めている。

 

f:id:templecat:20170525010453j:image

 

その窓際を好んで昼寝をする愛猫たち。

 

f:id:templecat:20170525005341j:image

f:id:templecat:20170525005354j:image

 はく、ちょこんと壁を押している手がかわいい(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

f:id:templecat:20170525005611j:image

f:id:templecat:20170525005626j:image

うに、変な顔〜〜(≧∇≦)

うに「ちよっと、静かにしてもらえませんか?」

 

はーーーい ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

広告を非表示にする